お知らせ

よくある質問

2018.03.13

【USED LPs】1Fカベレコ&レギュラーLP。レコ・コレ4月号。

IMG_4363.JPGIMG_4358.JPGIMG_4359.JPGIMG_4360.JPG

IMG_4353.JPGIMG_4354.JPGIMG_4355.JPGIMG_4356.JPG

IMG_4357.JPGIMG_4364.JPGIMG_4362.JPGIMG_4361.JPG


 3月13日。ホワイト・デイ・イヴ。自分で言っといてなんですが、そんなもんこの世にはありませんw。
 名古屋はきょうもおだやかな晴天。空気が日に日にあたたかさを増してゆくのが肌でわかります。厚手のカーディガンだと思わず脱ぎたくなります。

 週末に入れ替えた1Fカベレコが思いのほか好評を頂戴し多くのタイトルがお客様のもとへ旅立ってゆきました。
 今回はヴェルヴェッツやザッパのオリジが混ざってはいたもののオビものではなかったのでリアクションの速さに正直ビックリ。
 ほんとうにありがとうございます。
 
 1Fカベの空きスペースをどうにか補充、そして日曜夜までにはアップするとホラを吹いたレギュラーLPをひと山追加しました。
 週中ですが2Fカベ、棚ともギチパンに埋めてあります。あわせて店頭にてチェックしてください。

 レコ・コレ4月号は前号に引き続いてシティ・ポップ特集。今回は80年代編。
 偉大な先達たちが残した70年代の作品群なかりせば80年代のそれはなかった、とアタマでは認識してはいますが、やはりシティ・ポップは80年代の産物。まさに百花繚乱、玉石混合。
 私はもろリアル・タイム世代=ポパイ&ホット・ドッグ・プレス(死語)のカタログ・カルチャー(死語)世代および「なんとなくクリスタル」(死語)世代。これらの音楽が新譜でリリースされるたびにそれこそ鵜の目鷹の目でほじくり返し聴いた世代です。しかしやがて徐々に陳腐化されてゆのも流行り音楽の宿命。途中で飽きちゃって一気にニュー・ウエイヴ方面へ舵を切ったのも80年代初頭の思い出です。
 思い出話はムダに長くなりがち。今夜にでも酒でも飲みながらも本を開いてみます。

 週が明けると神戸そごうレコ市の納品、その翌週末は梅田アクト・スリーでレコ・フェス。二週つづきで関西攻め。そちらの仕込みにスパートかけつつ店頭へも一枚でも多く追加したい。気ばかりが焦ってきます。神戸は行けそうでなかなか行く機会がない場所なのでなにか美味しいものを食べたいところです。

 3月も半ばを過ぎると暖かさに加速度がついてきます。同時に本格化する転勤・進学のための民族大移動。われわれセコハン業者にとってこの時期は仕入れの一大チャンス期でもあります。グレヒでも先日ビッグな仕入れのお話を頂戴しその荷と現在格闘中。まさにSELL&BUY、どちらにも手を抜けない季節。このまま一気に4月まで駆け抜けます。
 
 今年は桜の開花が例年より早めなんだとか。しかし昼夜の温度差で体調を崩しやすいのもこの時期ならでは。
 皆様もお気を抜かれることのないよう。ご来店をお待ち申し上げます。


2018神戸そごう.jpgレコフェス梅田2018.jpgsavetoyorock.jpg



名古屋 CD、DVD、レコード売るならグレイテスト・ヒッツへ。大量処分歓迎。出張買取迅速。

オンラインショップ オープン! 買取チラシ.jpg


| 商品入荷情報